タイで一番高いビル、ライトショーで完成を祝う

建築中からその奇抜なルックスが話題になっていた、タイで一番高いビル「MahaNakhon(マハナコン)」が完成し、8月29日夜にライトショー「The Night of Lights」が開催されました。


細長いシェイプの建物で、その中層部分と上層部分に独特のでこぼことしたデザインが際立つ「MahaNakhon」。完成により、日本からのツーリストもよく利用する「Baiyoke Tower Ⅱ」を抜いてタイで一番高い建物になりました。

ライトショーは雷雨により、当初予定されていた時間から約1時間遅れでスタート。シーロム通り周辺には、ライトショーの様子をカメラに納めようと多くの人々が集まりました。


ザ・リッツ・カールトンがマネージメントを手がける、エクスクルーシブなコンドミニアムが入る他、ショッピングモールの「MahaNakhon CUBE」では、料理の鉄人・森本正治氏の「Morimoto Bangkok」も営業を開始しました。「MahaNakhon」は高さだけでなく、高級感も超一流です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です