バンコクの夜を彩る焼きスルメ

スクンビット通り、BTSアソーク駅からプロンポン駅の周辺には、夜ごと「ど派手」な焼きスルメ屋さんが出没します。

バンコクのスルメ屋

ど派手な電飾の焼きスルメ屋さん

この焼きスルメ屋さんは、「ど派手」な電飾で彩られたビーチクルーザータイプの自転車で、エリアを移動。スクンビット通りだけでなく、ソイの中にも入って行くようです。

自転車に乗った焼きスルメ屋さん自体は、バンコクでは珍しい存在ではありませんが、電飾付き自転車の超個性的ルックスのおじさんが、その場で炙ってくれるスルメは、ここだけでしょう。

「The District EM」(EMPORIUM・EMQUARTER)が閉まる午後10時頃には、かなりの高確率でプロンポン駅近くのベンジャシリ公園前にいます。晩酌のお供に焼きたてのスルメはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です