四年に一度の雨乞い祭り

36メートルの龍が鶴ヶ島を練り歩く!

雨乞い祭りは江戸時代に生まれた鶴ヶ島の伝統行事で、現在は夏のオリンピックと同じ年に開催されています。

白鬚神社か雷電池まで約2キロの道のりを龍神が練り歩き、最後には池の中で跡形もなく解体されます。その光景はまさに圧巻。

2016.8.7 (日)

13:00-17:00

白鬚神社から雷電池まで

今年を見逃すと次は4年後なので、ぜひ見に行ってみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です