MRTペッチャブリー駅でだらだらワンコに癒やされる

エアポートリンクとの乗換駅・MRT(地下鉄)ペッチャブリー駅は、旅行者だけでなく、通勤通学の利用客も多い駅ですが、その連絡通路にいつも犬がだらだらしていて人々を和ませています。

ペッチャブリー駅の1番出口。時間によっては乗り換え客でとても混雑する駅ですが、犬たちはどこ吹く風。だらだらと「食っちゃ寝、食っちゃ寝」を繰り返しています。

タイの野良犬たちはどこでも、ある意味、だらだらするのが仕事かのごとく暮らしています。ただ、これだけ人通りの多い場所を堂々と占拠する彼らは、やはりただ者ではない「癒やし」のオーラを放っています。時々、旅行者のスーツケースが寝ている彼らにぶつかることもありますが、その程度のことではあまり動じません。

近所の人たちや、通勤通学の人たちに面倒を見てもらっている犬たち。地下から吹き上げてくる涼しい風の流れと温かい人々が、今日も犬たちを心地よくだらだらさせています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です